長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
新たしい長寧区母子保健病院環境図は露出した~
10-30
786号(元同仁病院愚園路分院位置)まで移転した。今日、この新病院分院を紹介する。

 

 

 

 

 

 

愚園路分院は外観が病院の主要色ーー暖かく安らぎのあるオレンジ、活気に満ちる緑と専門性を代表する青色を採用している。

 

 

色とりどりで華やかな外面は青々と茂っているアオギリの間に非常に清々しく見える、目立つ。病院の玄関から入り、左側は入院部で、右側は外来診療部だ。

 

外来診療部ビルのガイド

 

 

 

外来診療ホールには、一列の斬新なセルフヘルプ受付機械が右側に立っている、急速に予約、受付、費用納付、リチャージ等の機能を完成でき、妊婦達の待つ時間を縮める。

 

 

そばの利便化サービスホールは子供を連れる婦人の疑問に答える。

 

 

 

 

 

 

はっきりするオレンジ標識に沿って外来診療部ホールを通り抜けると、新生児外来診療部だ。清々しい緑は児童を引き付ける壁紙と抱き合わせ、診療室を可愛く暖かく飾り付ける。

 

 

授乳を便利するために、外来診療は隠れた授乳エリアを設置し、且つ仕切りカーテンで分け隔て、非常に行き届いている。

 

 

 

二階の産科外来診療部は広々として明るく、部屋が整っていて清潔な大きなガラス窓の外には、フランスアオギリは風が吹くとゆらゆらと揺れる、気持ちがのびのびして楽しくなる。心電図検査、検査課などもこの階にあり、妊婦達はあちこち駆け回る必要がない。

 

 

 

 

 

 

同じく二階には特別外来診療部があり、静かなプライベートの医療環境は妊婦達の緊張感を緩和する。

 

 

 

 

入院部

 

 

入院ビル各階ガイド 

 

 

 

新分院病室は綺麗で清潔し、明るい陽光は窓を通して部屋内に照り映え、非常に暖かく、且つ灰色の二層網戸は家庭のような暖かさを営造した。

 

 

 

7階の分娩室は4室の水中分娩室を設置してある。2003年、病院は順調に中国初の水中分娩赤ん坊を迎えた、今まで、既に9600人の赤ん坊は水中に健康に分娩した。

 

 

 

言及すべきのは、更に多くの子供を連れる婦人をほっとさせるために、病院は今年5月に新場所の内装を完成した後、適当に換気を行った。

 

 

現在、上海テストセンターの専門的な機構の検測を経て、新場所環境も全部標準に達成した。全新にグレードアップした上海市長寧区母子保健病院は身支度を整えて出発を待つ、患者にプロセスが更に便利な、環境が更に心地よく、サービスが更に暖かい医療サービスを提供した。

 



Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统