長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
すごい!同仁病院は新プロジェクトを構築し、全市初!
11-09
良い病院は家から遠く離れるか?市衛生健康委員会は、本市が既に25社のサービス能力が強く、カバー人口が多く、輻射範囲が広く、等級別診療基礎が良い病院を初の地域的医療センター建設機構として明確にした、と表した。我々長寧の同仁病院は入選した!

 

地域的な医療センターは地域内住民の通常疾患、多発性疾患の診療及び急病・危険病状・重症レスキューと難病レフェラルの任務を担当する、家庭医師を基礎とする「1+1+1」医療機構組み合わせ成約サービスシステムを強化し、医療サービス能力と効率の「両方向上」を推進し実現し、努めて市民の「診察難」問題を解決する。

  

現在の同仁病院は上海市重点専門科目を6つ有し、地域的な医療、予防、保健、リハビリセンターであり、サービス範囲は長寧区全体の70万常住人口と周りの六区の150万人口を輻射し、急病・危険病状・重症レスキューと重大伝染病防止・制御の主な任務を担当する。

  

仙霞路分院位置:仙霞路1111号


周りの交通:88、54、739、836、807、739、196、1217


軌道交通:二号線北新涇ステーション2号出口



初の25社の建設機構は16区をカバー

 

本市は25社のサービス能力が強く、カバー人口が多く、輻射範囲が広く、等級別診療基礎が良い病院を初の建設機構として明確にした。一方では主に遠郊病院を支持する、他方では16区の「フルカバー」を確保する。

 

後期は医療機構能力レベル基礎によって持続的に建設を推進し、2021年末までに基本的に本市地域的医療センターのレイアウトと認定を完成し、持続的に綜合サービス能力を向上させる。

 

地域的な医療センターは地域的医療サービスの基本的な需要に立脚し、下にはコミュニティ衛生サービスセンターを輻射し、上には市級病院とドッキングし、地域内住民の通常疾患、多発性疾患の診療及び急病・危険病状・重症レスキューと難病レフェラルの任務を担当する、家庭医師を基礎とする「1+1+1」医療機構組み合わせ成約サービスシステムを強化する。

 

一方、本市は漢方医専門科目医療連合体建設を推進し、「地域+専門科目・専門疾病」のポイント・面が結合し、全面・専門の互いに補充し合う漢方医医療連合体新モードを構築する:「東西南北」四大地域漢方医医療連合体を建立し、4社の市級漢方医病院が牽引役として地域内各級各種類の医療機構をリードし、「市-区-コミュニティ」勾配式に支持する連動発展モードを形成する;漢方医優位専門科目・専門疾病を協力紐帯とし、漢方医重点専門科目が牽引役として各級各種類の医療機構の同じ専門科目分野の技術向上と能力建設に手本を示す。

本市は医療連合体を通して市級病院、地域的医療セン

 

 

ター、コミュニティ衛生サービスセンター、リハビリ、介護等医療機構の職責がはっきりし、緊密に協力する関係を形成し、医療衛生資源の統合と上下連動を推進し、且つ医療連合体内部の統合型サービスモードを探索し建立し、徐々に予約、診療、 レフェラル、入退院、費用支払、追跡調査、検査等フルプロセスサービスを実現し、医療品質制御の強化を基にし、医療連合体内部の医療衛生情報相互共有・交流・認可を実現する。




Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统