長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
重要なニュース!長寧のもう一つの重大工事は着工!計画効果図は絶対に「注目を集める」!
12-19

金地商置華東長寧新華路商業・事務両用プロジェクトは安西路、計画の雲陽路に位置し、上生新所と上海交通大学法華校庭と隣接し、交通が便利である。

 

 

 

 

 

 

プロジェクト建築面積は約2.4万平方メートルであり、地上5階、地下3階と設計している。既に11月15日に施工許可証を取得し、且つ先日施工を始めた、2022年9月竣工する見込みである。

 

 


 

 

プロジェクト設計は建築と都市空間及び周りの環境を融合し合い、穴あけ、内部後方向施工等方式を通して三大都市開放空間に嵌め込み、沈下広場を設置し、建築空間の階層感を豊富にする。

 

 


 

 

二階公共プラットフォームを通して上生新所広場空間と市民休憩空間を接続し、更に多くの公共空間を構築し、コミュニティの人々の相互交流を推進する。

 

 


 

 

屋上ガーデンを設置し、セットバックを通して建築空間形態を豊富にし、上生新所と一丸になる。

 

 


 

 

相互交流できる、快適な、開放的な、創意的なガーデンスタイルの事務コミュニティの構築に取り組み、且つ一部の商業及びコミュニティサポーティングサービスを設置する。

 

 


 

 

事務ビルから見れば、長寧区「第十三回五ヵ年計画」重要な発展方向に応え、ファッション創意産業、インターネット+生活サービス業、人工知能等重点産業分野の企業を引き入れる。

 

商業から見れば、プロジェクトは「時間を超える文化表現、微細彫刻空間の芸術インフルエンサー聖地」と位置づけられる、平行空間の多次元感覚体験を構築することで、生活の面から芸術の面まで移り変わり、異なる芸術元素の繋がりを通して、対比・衝突の美が感じられる。

 

コミュニティサポーティングから見れば、プロジェクトは「隣近所社交と美しい生活圏の集中地」と位置づけられる、伝統的な食品市場の属性を尊重し、地域特性と合わせ、食品市場に新しい定義を与え、生鮮食品の集合だけでなく、更に隣近所社交と美しい生活圏の集中地である。

 

今年11月まで、長寧区2019年経済ビル着工計画は既に全部完成し、3つのプロジェクトと関わり、建築総面積が42.4万平方メートルであり、中には:上鋼十廠紅坊プロジェクト、友楽路商業・事務ビルプロジェクトは既に年初に着工し、金地商置華東長寧新華路商業・事務両用プロジェクトは既に11月15日に着工した。

 

 


 

 

上鋼十廠紅坊プロジェクト計画効果図

 

 

友楽路商業・事務ビルプロジェクト計画効果図

 

 

金地商置華東長寧新華路商業・事務両用プロジェクト計画効果図

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统