長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
若者に深く好まれる「蔦屋書店」は長寧に根を張った!「上海のネット有名場所」ーー上生?新所に場所を選んだ~
12-27
吉報~吉報~

 

上海初の蔦屋書店

上生•新所

(延安西路1262号)

コロンビア田舎クラブに入居した!

来年開業する見込みであるよ

長寧の人々はもう一つの遊覧場所がある。

 

 

 

20世紀20年代、コロンビア田舎クラブは嘗て上海の最も有名な社交活動場所の一つであった、上海の外国人の休憩、娯楽に供された。1952年、元々の社交活動場所は上海生物製品研究所の事務室になり、一般来訪者を受付しなくなった。

 

 

20年代のコロンビア田舎クラブ

 

幸いにも今のコロンビア田舎クラブは既に新たな生命を得た。心を込めて修繕した外面は元々のスペイン伝道式建築スタイルを保ち、外壁は伝統的な黄砂・セメントを通してハッキング施工し、建築全体を過去の色彩を回復させる。

 

 

 

ここもいつも芸術展覧を開催し、且つブランド展示等に用いられる。

 

 

 

今回の蔦屋書店入居は、クラブの独特な濃い歴史感こそを重視したのである、現在、この建築も蔦屋書店において歴史が最も悠久なものである。

 

 

コロンビア田舎クラブ一階

 

 

 

聞く所によると、蔦屋書店が入居した後、外壁は大きな変化がないが、内部環境は蔦屋書店の設計者によって設計される。尚書店建築主体の外面には、特別な大型なテラスと上海唯一のヤードポンド法の露天プールをも保留した。

 

 

 

開業しようとする蔦屋書店の他、上生·新所という敷地面積4.8万平方メートル近くの園区には、依然として例えば孫科の別荘等その年代から保留された建築が見かける。

 

 

 

ここで一連の最も流行するブランドも集まり、買い手が好きな設計ブランドTAORAYWANG、EMME、集糸坊とSeesaw Coffee等を含む。二年来、大型ブランド記者会見、ファッションウィーク、クロスバウンダリー展覧と文化創意work shopはいずれも嘗てここで催したことがある。

 

 

その他、上生·新所も豊富な面白い文化活動も催す。蔦屋書店の入居はこの地域に新しい色彩をもたらすに疑いない。

 

 

関連内容

 

日本の蔦屋書店に関してはラベルが多くある:森林図書館、北野武の最愛の書店、一日平均客人数が万人以上......1400社を超える分店等、ほとんど全日本の半数の人々は蔦屋書店に行ったことがある。

 

 

 

蔦屋書店は先ず伝統を打破し、閲読を海辺と古城にもたらした。次はまた都市の中心に戻り、9階のアパート式書店を建築した。本棚に閲読と休憩を体験できる。本やビデオ・オーディオ製品の他、ここも家電、自転車、コーヒー、緑植物を販売している。

 

 

 

人々は蔦屋書店に行って本を読むだけでなく、更に消費グレードアップした新しいモードを体験する。

 

 

 

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统