長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
吉報!虹橋路には新しい美術館が開業しました!先ずご紹介します。
12-27

 

吉報!
虹橋路1398号に位置する程十発美術館は

 

明日(12月18日)正式に開館する!

12月19日から、無料で大衆に開放する~

 

 

 

美術館外面は水墨元素を主な基調とし、黒・白が相まっている中国式絵巻を描き、外観は木・石モデルによって積み上げられたブロック設計を採用し、空間交錯の視覚効果を呈する。周りに林立する高いビルに「囲まれ」、建築全体はとても人目を引く。

 

 

 

程十発美術館は上海中国画院が建設準備を担当し、三年間ぐらいを経て建築完成し、建築総面積が11500平方メートルであり、高さは28.48メートルである。

 

 

 

 

 

 

建築は地上の三階と地下の一階を含み、展示陳列場所、公共文化サービス場所と多機能レポートホール等空間を含む。

 

美術館の内部はどうであるか

 

人に先んじて見よう

 

 

 

入口から入ると程十発さんの写真を見る、美術館は海派芸術大家程十発さんの名前で名付けられるのである。

 

 

 

美術館のホールに立ち、芸術の息吹が感じられる、巨大な白い壁と黒い手すりのある階段は、壁における透明なガラス窓と共に芸術やファッションの雰囲気が濃い画面をなす。

 

 

 

 

室外のテラスには、虹橋路と隔て、新しい虹橋公園の景色を思う存分に観賞できる。

 

 

 

美術館は収蔵保管、学術研究、作品展示陳列、教育普及、文化交流、公共サービス等六大機能を兼備し、海派美術名家名作の研究展示空間だけでなく、海派美術伝承発展の文化責任をも負う。

 

「程十発芸術シリーズ大展覧」

 

四つの展覧を覆う

 

 

 

程十発美術館の開館展覧「程十発芸術シリーズ大展覧」も同期に開幕し、「海上手本ーー程十発芸術大展覧・程十発作品、文献」、「海上手本ーー程十発芸術大展覧・程十発寄贈作品」、「星の光がきらきら輝くーー程十発と画家達の芸術文献展覧」、「夜明けの星のように輝くーー林風眠特別展覧」という四つの展覧を含む。

 

 

 

「海上手本ーー程十発芸術大展覧・程十発作品、文献」は、程十発の芸術成長、芸術道を現し、全面的に程十発の書画芸術成果を展示する。

 

 

 

「海上手本ーー程十発芸術大展覧・程十発寄贈作品」は、程十発さんが自ら貴重なものとして収蔵した百点余りの歴代書画作品の全面的な展示である、程氏は年をとった時これらの作品を全部国家に寄贈した。

 

 

程十発さんは自分の収蔵作品を国家に寄贈した。

 

 

 

 

「星の光がきらきら輝くーー程十発と画家達の芸術文献展覧」は、上海中国画院の数多くの画家の過去何年間の重要な作品を展示し、且つ観衆が理解しやすいように、数多くの写真と文献を補助品として展示する。

 

 

 

 

 

 

「夜明けの星のように輝くーー林風眠特別展覧」は林風眠さんが20世紀40年代から70年代まで創作した40点の作品を展示し、中国・西洋結合の芸術スタイルを展示する。

 

今週の木曜日(12月19日)から、美術館は大衆に向けて無料に開放するよ、速く見に行こう~暖かいヒント:館内には公共駐車スペースがない、グリーントラベルしてください。

 

関連リンク

 

程十発(髪)さんは原名程潼であり、20世紀40年代には上海美術専門学校に勉強した時、「十発」の名を付け、「発」は発財(金儲け)の「発」ではなく、髪の「発」である。「発」は極めて小さな計量単位であり、一程は十発と等しい。

 

 

 

 

 

 

程十発さんは中国「海派」書画大家であり、上海美術家協会副主席、上海中国画院長等を歴任した。程氏は中国伝統的な中国画方法と西洋画巧みとを結合し、現代中国発展モデルチェンジ時期の日常生活と自然関連元素を描いた。「古今中外の絵画方法を活用する」、程十発さんは人物、花・鳥等の面で独自に一家をなし、その芸術精神における最も核心的なのは「深く精通している技芸を以て国に報いる」である。

 

程十発美術館

 

 

 

- アドレス -

虹橋路1398号(虹橋路と伊犁路の交差点)

 

- 交通 -

地下鉄10号線-伊犁路ステーション3号出口

 

- 開放時間 -

10:00-18:00(17:00までに入場してください)

月曜日は閉館し、祝・休日は正常に開放する

 

 

Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统