長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
フードワゴンは、自宅の近くまで、無人のレストランを?モデルルーム?に「人工的知能+飲食」で新しいチャンスを
04-30

ワークデーの朝8時、虹橋路996弄に泊っている一台のフードワゴンは忙しくなってくる。早くからきていた鄒兵さんは車体を開き、車窓を開けて、車両全体を消毒して、調理台を用意しておき、近くのスポットで半熟品を用意している店長孫燕青さんを待っていた。疫病の発生している期間、このフードワゴンは、毎日3つのコミュニティの老人に給食を提供しているほか、近くの園区のホワイトカラーたちにも食事を提供している。

 


ビジネスビルの知能的なレストランから、町の中のフードワゴンへと、今回の疫病は熙香会社の経営方針を拡大させてくれた。シェア経済の時代に、移動式の厨房はもっと多くの応用空間ができており、タッチレス経済に立脚して、無人の厨房もまもなく試験運営が始まる。ショックの中でチャンスは、準備している人に出会った。

 

フードワゴンが着いて、高齢者の硬直的な需要を保障する

 

昨日の午前10時、記者が虹橋路996弄に着いたとき、店長の孫燕青さんと補佐の鄒兵さんはちょうど給食前の最後の準備をしていたところだった。昨日の定食のメニューには3つの選択肢がある。豚骨の唐揚げ、鶏スープでかけた干し豆腐の豚肉包み、漬けた唐辛子スープの魚で、雑穀ご飯と野菜のほか、白きくらげの吸い物と果物もついていた。

 

11時前、近くに住んでいる高齢者たちは、もう定食を買いに来ていた。疫病が発生する前から、熙香はすでに虹橋街道コミュニティの給食スポットで高齢者たちに定食のサービスを提供していたが、疫病が発生してからは、店内での飲食は臨時的に休止されて、いまだに再開していない。食事をするという硬直的な需要を持っている高齢者たちがどうしたらいいのか。熙香の劉蘊熙会長は、会社が備蓄していた「秘密武器」―フードワゴンのことを思い出した。

 


2月27日より、オーブンや調理台、レンジ、手洗いシンクなどの機能を備えた小型バンが正式に就業開始した。中で調理する人が2人しかできないが、コミュニティの高齢者やホワイトカラーたちに数百人分の昼の定食を提供できる。

 

鄒兵さんは、記者に次のようにやって見せてくれた。あらかじめ作っておいたおかずをホイルシートの付いた定食箱に入れて、いちいちオーブンに入れて、「豚骨」や「漬けた唐辛子スープの魚」などをワンクリックしていい。時間になると、箱を出して、ふたをして、また野菜などと一緒にパッケージする。毎日の午前、出前の従業員は定食をそれぞれの高齢者の手元に届けていくが、事前にアプリで予約したり、団体で購入したりしたホワイトカラーには、自分の予約した時間帯に来たら受け取られる。

 

2月10日から、近くの園区内の企業が相次いで操業再開していたが、周りのレストランはほとんど閉店している状態です。」熙香の区域マネージャ衛静雯さんは記者にこう紹介してくれた。園区の責任者がフードワゴンをみたら、みずから、団体で定食を購入させてくれるようと頼んで、定食の供給能力をさらに広げようとした。その後、もう一台のフードワゴンが長寧区の臨時集中留置検査スポットに来て、毎日、疫病防止職員や旅客に3回の食事と夜食を提供するようになった。

 

「タッチレス」というチャンスをつかんで、無人のレストランには「モデルルーム」ができた

 

「インターネット+飲食+人工知能」の会社として、疫病の前は、熙香は店をほとんどビジネスビルの中に開設し、オールオートで知能的な調理設備で食事を提供してきたが、疫病の期間、企業の操業再開が遅くなったり、テレワークをしたりして、店で食べる人が勿論少なくなった。3月に入ってから、企業の操業再開率が高くなり、定食の出前モデルに加えて、熙香の販売数はぐっと上がっており、現在は、すでに疫病の前の8割まで回復している。

 

劉蘊熙会長も疫病で消費習慣を変えたことからビジネスチャンスを見つけ、フードワゴンは複製でき、広げられるモデルの一つである。「去年から、われわれはフードワゴンを研究開発してきたが、疫病でこのモデルの実行を加速させて、十分にその機動性が高いという特徴を発揮することができる。これからは、病院、駅、展示会、大型イベントなど、快速で大量に食事を提供する必要がある場所には、フードワゴンが早く行き、応急の役割を果たすことができる。」

 

このほか、熙香が開発した無人レストランも先日、その「モデルルーム」も出来上がった。料理の受け取りやレジで無人化を実現するだけではなく、厨房でも2.0バージョンのオールオート化の厨房となり、ロボットによるオート調理、中華料理の八大シリーズと炒め、煎じ、蒸し、煮込み、揚げなどの機能を全部まねできる。

 

「疫病は多くの人の食事のモデルを変えているし、食品安全衛生も間違いなく最も重要な需要となってくる。われわれの知能飲食デジタル化は、食材や、サプライチェーン、生産、物流運送、配送などすべての段階でデータ化、基準化管理をして、タッチレスの形でフルセットの調理システムを完成している。」劉蘊熙会長はこう語った。疫病は「オンライン新経済」の将来への見通しをはっきりとさせてきているが、会社としては今回のコロナショックから新しいビジネスチャンスを掘り出すことに自信を持っている。インターネットや人工知能などのニューテクを取り入れた革新モデルに面し、熙香が所在している長寧区の関係職能部門も真新しい監督管理モデルを模索しており、新しい業態が健康で秩序よく発展する快速車道に行けることを助力している。現在、フードワゴンはすでに「上海市食品露店臨時経営公示パレート」を授与されており、これをもって営業するのにさらに制度に保障されることになった。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统