長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
疫病の期間中、長寧区のこの会社オンラインでの製品販売はかえって増加している
04-30

 

「皆さん、高暁白ですが、今日は、皆さんにシグマカメラとレンズの使い方についての実用をご紹介したいと思います。」411日夜7時半、シグマ中国の協力講師高暁白さんは撮影愛好者たちにオンラインでの授業を行い、多くのファンはオンラインで高暁白さんとメッセージでインタアクションをしていた。

 

疫病の期間、世界で有名な専門光学レンズブランド「シグマ」の中国子会社であるシグマ貿易(上海)株式会社は速やかに転身して、市場の配置と販売モデルを調整し、国内で人気のある画面を横切る字幕サイトbilibili以下、びりびり画面と略すで、オンラインでのインターネットライブシリーズ講義を作り、ユーザーの忠誠度を高め、製品の販売を助力することにしている。2月1日から今まで、シグマはネットシリーズ講義を延べ67回も放送し、毎日定刻でビリビリ画面で生放送をして、連休の日はまた3~4回増えている。疫病で多くのユーザーが家に閉じこもったり、テレワークを余儀なくされているが、シグマは特色のあるレンズや、カメラの紹介及び在宅撮影などの元素を講義の中に融合させて、ユーザーたちに自分の学んだ知識を生かして、自分の子供やペット、花草を素材にして自分なりの優れた写真を撮ってもらおうとしている。

 

講師の個人的な魅力や豊富な講義内容で、1万人近くのユーザーに注目させた。ライブの中に、賞品の付いた質問回答やインターアクションの抽選のチャンスもあり、見ている人は字幕で問題に答えることができ、またシグマ公式レンタルからの7日間のレンタル料金引換券を獲得するチャンスもある。ライブに間に合わなかったユーザーは、公式のビリビリ画面のアカウント「シグマSIGMA」でネット講義や関連の動画を再放送でみることもできる。このような楽しみながら学んだり、柔軟性のある販売方式を通じて、シグマは疫病の期間中、製品販売においていい成績が取れた。今年の2月から3月まで、シグマ製品の中国全体での販売量はかえって6.9%も増加し、なかにAシリーズの短焦点レンズ一眼レフカメラや「大三元」広角ズームレンズが最も人気がある。

 

シグマ貿易(上海)株式会社は日本SIGMAの中国における全額投資子会社で、2013年に設立されたもので、新華路街道所轄区域内の重点企業であり、本社は宋園路のベース創意園区内にあり、シグマ製品の中国大陸での市場拡大、製品の販売、アフターサービスなどの業務を統括している。シグマが設立されてからずっと職人の精神を引き継いできて、今では業界では数少ない「日本製造」を貫いているメーカーである。数多くのカメラマン、撮影愛好者、専門の撮影機構に合理的な価格でもっと優秀な製品を提供することに全力を尽くしている。シグマの製品はすべて日本の会津にある工場で生産されているが、孫静さんシステムやサプライチェーンはあまり影響されていなく、これもまた製品の販売にしっかりとした基礎を提供している。「疫病が発生してから、会社は早速役員を集めて、『情勢に応じて販売する製品を決めて、オンラインに重点を置く』という方針を固め、販売資源を精確に位置付けて、実体とオンラインとの販売モデルを結び合わせて、同時に進んで、利益の最大化を図ってきた。」と、シグマ貿易(上海)株式会社中国区域の会長王昊氏はこう紹介してくれた。

 

現在、シグマブランドには三大の製品シリーズがあり、専門的な仕事を満足させるAシリーズ、持ち歩きに便利でコンパクトの需要を満足させるCシリーズおよび運動撮影の需要を満足させるSシリーズを含めている。中に、シグマフルサイズミラーレスカメラSIGMA fpはまたレッドポイントデザイン賞2020で60か国の6500軒余りの応募作品の中から選ばれて、1.2%という低い受賞率であるBest of the Bestレッドポイント製品デザイン賞を獲得している。

 

長寧区の優秀なビジネス環境は企業の発展の自身の源であるし、長寧区が大切してくれることに対しても、シグマは感謝の気持ちでいっぱいで、これからは、シグマ貿易(上海)株式会社は引き続きユーザーにもっと豊富なネットライブ講義と品質のいい製品を提供していくことにしている。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统