長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
気温が上がり、長寧区では、これらの動き出そうとしている小動物に本格的に
05-06

啓蟄がすぎて、気温が上がり、ネズミが動き出そうとして、蚊や虫が勢いよくよみがえってくる。区愛国衛生委員会は春季のネズミや蚊を消滅する有利な時期をしっかりと利用し、春季の疾病媒介生物の特徴に合わせて、春季におけるネズミ、蚊、ハエなどの消滅など各種類の疾病媒介生物の防止措置を推し進めて、「4種類の害虫」の密度を抑えて、疾病媒介による侵害を減らそうとしている。この間、コミュニティの一部の住民が、団地内でハエ取りかごやネズミ取りの罠が急に増えてきたことに気づいているに違いない。

34月、長寧区全体で、各春季の疾病媒介性粒の防止特別イベントを行い、ハエ取り、ネズミを毒害する箱など重要な疾病媒介防止施設を整えて、地上や地下の水溜まりを片付けて薬品を投下し、家屋外の蚊やハエの生育地を片付けて、一部の高密度区域に対しては薬水を吹きかけることで抑えようとしている。延べ専門の職員3134人を出動させて、疾病媒介施設22000か所あまりを新たにつけたり、更新したりして、殺鼠剤や殺虫剤を1474キロを投入し、ネズミの穴を1117か所埋めて、水溜まりを1703か所片付けて、夏季の害虫のラッシュを抑えるのによい基礎を築いた。


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统