長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
「6つの外交連携」における外交業務の構成を構築し、長寧がどのように「国際風」を見せているのだろうか?

发布日期:2021-10-11访问次数: 字号:[ ]


長寧区に世界的影響力を持つ国際的な都市のブティックエリアを構築するという目標とタスクを正確に設定するために、区の外事弁公室は、今年、中国共産党の創立100周年を祝うなど重要な節目を迎え、外交活動を行うために地域のリソースを積極的に使用し、長寧の国際的なコミュニケーション力と影響力を強化し、「国際風」の魅力を見せている。

 

最も·虹橋

「7月1日」の前夜、100人以上の駐中国外交使節団の2グループが虹橋街の古北市民センターを訪れ、法による治国、国際コミュニティーの管理、海外人材のためのワンストップサービスなどの「虹橋の実践」を体験してきた。

古北市民センターは、中国初の外国人居住区である虹橋街栄華居住区に位置し、42の居住区に50以上の国と地域から計1.2万世帯3.3万名の外国人が生活しており、「小さな国連」と呼ばれている。ここでも大使たちは、長寧での外交業務の縮図を目の当たりにした。 

 

現場窓口の展示ホールでは、外国人ゲストたちが「中国の世論形成のチャンネルは益々オープンになってきている」と絶賛していた。外国関連事務所の総合窓口では、駐中国モザンビーク大使のマリア・グスタバ氏が「外国人の滞在許可証」の問題について相談し、その場でスタッフから専門的な回答を得られた。国学の教室では、駐中国チリ大使のルイス・シュミット氏が筆で「美美与共、天下大同」と書いた。「天下大同」の意味を理解した後、彼は「これは美しい憧れであり、私たちの闘いの目標でもあります」と述べた。駐中国シエラレオネ共和国大使アーネスト・ムバインバ・ンドマヒナ氏は、3階の「高齢者のためのお食事処」を訪れ、「高齢者のことを配慮し、問題を解決するコミュニティーの姿にとても感動しました」と発言し、その場で360元を支払い、コミュニティのお年寄りに20個のランチを購入した。

最も·デジタル

「デジタル長寧」は、この20年間で発展し、多くの経験を蓄積してきた。また、長寧区の住民もデジタルの恩恵を受けられるようになった。 

 

北新泾街の新泾六村に建設された「AI+コミュニティ」には、今年6月、外務省31か国の駐中国使節団が訪れた。大使たちは、ここでデジタル・コミュニティの魅力を体験できた。

 

大使たちは、スマート・フィットネス・トレイルを歩き、「楽愛家」住民活動センターでデジタル・レクリエーション、デジタル・ガバメント、デジタル・スポーツ、デジタル・カルチャー、デジタル・リーガル・サービスなどの多様なサービスを体験し、さらにスマート・メディカル機器を体験して興奮し、「So Smart!ChangNing is Very good!」と称賛した。

最も·ブランド

今年、長寧は多くのイベントを開催し、外国向けのブランドを作り上げてきており、多くの国の領事館、企業、友人たちの積極的な参加を惹きつけた。

 

大虹橋ビジネスサービスセンターが設立した後、4月に開催された「欧州連合の企業が長寧を見る」イベントでは、在中国欧州連合商工会議所のメンバーである20社以上の企業の代表者が現地を訪れた。長寧の主要な開発プラットフォームと優れたビジネス環境は、欧州連合の企業代表者に深い印象を残し、協力する意欲が続々と表明された。

また、「第11回国際伝統芸術招待展」、「第6回国際児童創造芸術招待展」、や「第3回上海国際女子ハーフマラソン」は、長寧の特徴を活かしたブランディング効果を形成している。

国家公共文化服務模範区の設立が成功したことを受けて、長寧では「輝く薪火、無形文化遺産へ入り、長寧にいる外国友人」というイベントが開催され、外国人は長寧の深遠な文化遺産を直接体験し、感じることができた。また、区の外事弁公室は、虹橋友誼連盟のメンバーであるNusrat Marat氏を、市政府が開催する「党創立100周年記念文化演芸の夕べ」への参加を推薦した。

最も・代弁

 

区の外事弁公室は、広報・報道に力を入れ、様々なリソースをドッキングさせ、様々な活動を行い、各国の友人を受け入れながら、「長寧の声」を広め、「長寧の物語」を伝えた。 

 

今年に入ってから、長寧での外交に関するレポートは、中央の各種メディアや市のメディアプラットフォームで合計102枚発表されていた。「海外メディアの目に映る長寧」のイベントでは、様々な海外メディアも長寧に注目し、国内外で「一気に掲載」ていた。 

さらに、市民外交の事例も世間の注目を浴びるようになった。区の外事弁公室は、区の党委員会宣伝部や虹橋街と共同で、世界に伝えるために長寧の市民外交の物語りを5つの短編ビデオを制作し、上海友好協会、ビリビリ、東方網などのプラットフォームで放映した。

次のステップでは、長寧区は引き続き「ビッグ外交」を推進し、新たなチャンスをつかみ、新たな挑戦に挑む。また、「6つの外交」連携を行い、大虹橋の「1つのコアと2つのベルト」の同盟軍同業者を集めている。さらに、より大きな国際的な「モーメンツ」を発展させることで、より多くの海外の優良企業、プロジェクト、友好都市を目指し、外交資源を統合し、長寧の国際的なブティック都市としてのソフトパワーを強めていく。






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统