長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
「持ち込み」を重視する長寧は、「国際協力の曲」を奏でる

发布日期:2021-10-12访问次数: 字号:[ ]


長寧区は、虹橋国際開放ターミナルの「1つのコア、2つのベルト」機能を持つ上海で唯一の市街地として、「虹橋」ブランドに焦点を当て、「虹橋」の名刺を輝かせ、「虹橋カード」を生かし、内外の資源を組み合わせ、外国からの投資や外国の情報を取り入れ、地域経済に貢献することで、「上海の虹橋」を「長江デルタの虹橋」ないし「世界の虹橋」として広めよう努力し、「ビッグ外事」を構成する。

2020年に設立された「虹橋友誼連盟」は、上海初の優秀な外国人のための常設型交流プラットフォームである。定期的な交流会や対話活動を通じて、長寧区を世界的影響力を持つ国際ブティック市街地に構築するよう、連盟のメンバーが国際的な経験やアドバイスを提供している。 

同時に誕生したのは、長寧区の「虹橋友誼賞」がある。これは、上海で初めて区レベルの外国人向けの授与であり、長寧区が外国人に授与される最高の栄誉でもあるが、この地域に住む外国人が上海と長寧区の経済・社会の発展に積極的に参加し、外国人の交流と協力を促進することを目的としている。 

今年、「虹橋友誼連盟」は「六つの一」という作業メカニズムを形成している。すなわち、連絡メカニズムを改善し、都市のドッキングを強化し、協議と対話の場を設け、中国と外国の交流を組織し、弔意と祝福を送り、外国との交流を拡大している。 

5月18日、区の外事弁公室が主催した「長寧に集積し、共同で発展する」虹橋友誼連盟2021年に、連盟のメンバーは国際協力、産業開発、ビジネス環境、人材サービス、都市開発などの複数の観点から、長寧と虹橋国際開放ターミナルの建設について多くの貴重な意見や提案を提出した。

「虹橋友誼同盟」の会長でミシュラン中国の総裁である偉書傑氏は、「虹橋友誼連盟」のメンバー全員を代表し、「『虹橋友誼同盟』が長寧区に世界的に影響力を持つ国際的なブティック市街地建設をサーポトする提案」を提起した。

今年は、長寧市の優秀な外国人計6名がマグノリア記念賞を受賞した。これは長寧の歴史上最多であり、市街地で首位となっている。とくに言及に値するのは、6名の優秀な外国人のうち、4名が長寧区の「虹橋友誼連盟」から来ていることである。

9月15日に行われた授賞式では、長寧の歴史上初めて、偉書傑氏が唯一の受賞者代表として発言した。

 

「輸入博覧会カード」を握り、協力の道を開く 

 

世界の企業が輸入博覧会への参加に積極的に応じたことで、長寧区も「波及効果」を把握している。

 

2019年の輸入博覧会期間中、長寧区は積極的に「上海-ミンスクビジネス協力フォーラム」や「ミンスク週間映画」などの「ミンスク・デーのシリーズ」を開催し、双方における経済・貿易・文化交流のチャンネルを広げた。これを受けて、今年の6月1日、双方における友好都市の締結が正式に行われ、両地域の協力・交流を深めるための新たな出発点となった。

来年は中国とベラルーシの外交関係樹立30周年を迎え、双方は様々な分野での協力を強化し、友好的な交流を新たなステップへ推進していく。 

また、虹橋友誼連盟のメンバーであるヘラス・ハウスは、「6日+365日」の取引サービスプラットフォームを獲得し、ギリシャの伝統文化や特産品を紹介する重要な窓口となるとともに、中国と西洋の文化交流のための地域本部にもなっている。

ボッシュ、ユニリーバ、ミシュラン、日通、インディテックス、ヘラスグループなど、多くの虹橋友誼連盟のメンバーが積極的に第4回の輸入博覧会に参加した。その中でも、第4回の輸入博覧会に初出展となる水素エネルギーレーシングカー「Mission H24」は、9月27日無事に通関した。

さらに、多くの虹橋友誼連盟のメンバーが第5回の輸入博覧会に出展し、中国経済と輸入博覧会への自信を実際的な行動で示そうとしているという。

 

「外資系ブランド」を強化し、競争力を上げる

 

今年の6月10日には、70以上の在上海外国領事、外国の商工会議所、同窓会、プラットフォーム機関、投資意向のある企業を集めて「長寧区国際投資促進マッチメイキングミーティング」を開催し、長寧区の投資促進のための国際協力プラットフォームを構築した。これにより、長寧区の対外開放レベルをさらに高め、外国投資の投資促進効果を強化し、長寧区の高品質な経済発展のコア競争力を高めることができる。

7月14日から8月15日にかけて、シンガポール総領事館、シンガポール企業開発庁、観光局などの外交資源との積極的な連携の努力により、中国で初めてのシンガポール越境フラッシュショップがラッフルズ長寧に登場し、上海を国際的な消費者センター都市として構築することに貢献している。

現場では、シンガポールのガーデンシティーをテーマに、シンガポールのランドマークをミニチュアで表現し、まるでその場にいるかのような臨場感あふれるショッピング体験を提供している。今回のフラッシュショップでは、ビューティ&スキンケア、ヘルス&レジャー、ファッション&ライフスタイルなど、中国にショップを持たない18のシンガポールのスペシャリティブランドとアイテムを集めた。

フラッシュショップという形で、シンガポール最大の投資家であるキャピタランドは、独自の運営プラットフォームを使って、シンガポールと中国のブランドの「グローバル化」を支援している。

今年、長寧区は「ヘッドクォーター強化」計画の実施に重点を置き、多国籍企業の地域本部を対象とした円卓会議システムを構築した。区政府が主催し、区のビジネス委員会と外交部が引き受け、各機能部門が参加した。9月には3回の円卓会議が開催され、区内の多国籍企業の地域本部21社が集まり、長寧区の発展に向けた52の要望や提案を集め、世界に影響力を持つ国際的なブティックシティの構築に向けて一丸となって取り組んだ。

今後、長寧区は、虹橋ブランドの意味合いの構築と拡大に的確に取り組み、虹橋ブランドに焦点を当て、虹橋効果を増幅させ、虹橋友誼連盟の影響力を積極的に発揮し、先行者の優位性を利用し、「個人戦」を「共同戦」に転換し、外国人の参加と融合を促し、企業の影響力と連盟ブランドの訴求力を拡大し、Win-Winの状況を実現していく。輸入展覧会の波及効果を継続的に拡大し、ビジネス環境や投資促進政策を推進し、機関や企業の上陸を促進し、展示物を商品化し、上海を国際的な消費センターとして構築することを目指している。国務院のビジネス環境革新パイロットとのベンチマークを行い、長寧の最適化されたビジネス環境の「国際版」の作成を支援し、国際的な金メダルの「店員」としての役割を全うする。






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统