長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
長寧の努力で国際的な「モーメンツ」が広がり、多くのデータ数は市内で1位に!

发布日期:2021-10-14访问次数: 字号:[ ]


長寧区は、姉妹都市の活動を重視し、友好的な交流を続け、国際的な「モーメンツ」の拡大に努めてきた。長寧区はこれまでに、4大陸11カ国12都市・空域と友好的な交流関係を結び、姉妹都市数、活躍の度合い、交流実績ともに市内第1位で、市内全区の姉妹都市数の1/4を占めてい

姉妹都市との交流・協力において、長寧区は常に「いくつもの強化、いくつもの活性化、いくつもの開拓」という主旨を巡り、全体的な計画とトップレベルの設計を強化し、資源の共有、優位性の相互補完、Win-Winの協力を実現してい

国家戦略と合わせ、長寧の影響力を拡大する

今年の6月に武漢で開催された「上海協力機構設立市民友好フォーラム」に、長寧区は上海の唯一の市街地代表として参加した。全国友好協会会長、SCO副事務局長、在中国SCO加盟国大使の立会いのもと、長寧区とベラルーシ・ミンスクのソビエト地区が同時に「姉妹都市関係の確立に関する協定」に署名し、双方が姉妹都市として正式に結ばれた。これ、現在、上海の区の中で全国レベルで署名された唯一の姉妹都市であり、両地が協力・交流を深め、拡大していくための新たな出発点となってい

8月3日午後、区党委員会副書記兼区長張偉は、在上海ベラルーシ総領事館のアンドレイ・アンドレーエフ総領事ご一行と会談し、「友好交流都市」締結後の双方におけるさらなる協力関係について話し合った。アンドレイ・アンドレイエフ氏は、長寧区とミンスク市ソビエト地区の投資、医療、文化、科学技術などの協力プロジェクトを深めていくと述べた。

来年は中国とベラルーシの外交関係樹立30周年に当たり、双方は多くの分野での協力を強化し、友好的な交流を新たな段階に進めることになるだろう

市レベルのプラットフォームを組み合わせ実質的な協力関係を強化する

長寧区の区レベルの姉妹都市の3分の2は、上海姉妹都市の枠組みで締結されており、正式に結ばれた5つの姉妹都市のうち4つは、対応する市レベルの姉妹都市である。マルチチャンネル、ワイドフィールド、ワイドアングルの作業モデルにより、長寧区は伝統的な交流プログラムをブランド化し、そのグレードと影響力を高め、「市・区の連携と相互補完」の優れたパターンを形成している。

長寧区と最初の姉妹都市である日本の大阪府枚方市は、34年前に結ばれた。1988年以来、両地は子供たちの絵画と書道の交流活動を続けており、それは最も代表的な交流・協力となってい

2019年に長寧区で初めて開催される「上海長寧国際グラスピアノフェスティバル」は、沿海にあるポーランドのソベルト市との友好関係が締結されて以来、上海市におけるクラシック音楽を披露する新たなランドマークとなってい。2020年10月に開催される「上海長寧国際ピアノフェスティバル」では、二か月間に亘り、国内外の著名なピアニストやヴァイオリニストを多数招き、中山公園音楽広場の芝生のステージや、上生·新所などの街のランドマークでショパンやベートーベンの作品を演奏し、優雅な芸術をより多くの人に届け

長寧区とパペーテ市は2017年に正式に姉妹都市となり、「中仏ポーランド学生交流プロジェクト」は、両地域の若者と友好関係を結ぶ強い絆となってい

今年の9月28日、上海友好協会の招待で、長寧区外事弁公室は太平洋中国友好協会のビデオ会議に参加し、長寧区とフランス領ポリネシアの都市パペーテとの間の「クラウドの交流を目の当たりにした。

地区のリソースとレイアウトを統合し、質と効率を向上させる

管轄のエリアにある領事館や地元企業のマッチング活動を通じて、長寧はトルコのイズミル市カスジャカ地区やギリシャのシラ市とのコンタクトを確立し、この地域の第14次5カ年計画の開発目標に合わせ、優先事項を強調し、ギャップを埋めることに注力し、姉妹都市プロジェクトの開発、フォローアップ、フィードバック、有効性評価を強化している

 

今後も長寧区は、友好的な交流の幅と深さを広げる努力を続けてい。国家戦略、都市レベルの展開、地域の優位性を組み合わせることで、この地域における外部への高い開放性を促進する上で、より大きな役割を果たすことになるだろう。プロジェクトや「クラウド・コミュニケーション」モデルを通じて、姉妹都市の絆を維持する。領事館、商工会議所、外資系企業の本社、連盟などの様々な外国関連リソースをうまく活用し、友好都市協力の新しい道やチャネルを広げ、アイデアを革新し、外国関連の交流のための新しいブランドやプロジェクトを創造する。

 

 






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统