長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
あと5年もすれば、長寧の人々はこの質の高い生活を目の前で楽しむことができる

发布日期:2021-10-19访问次数: 字号:[ ]


ポケットパークが目の前にあり、学校や病院が近くにあり、コミュニティ内にある食堂も遠く離れていなく、このように市民センターでは様々なレクリエーション活動が揃っている。最大15分で行きたい所にたどり着き、日常生活のニーズを解決することができる、このような生活は本当にうらやましかった。今、この素晴らしい「15分の生活圏」は、長寧の人々の幸せな人生を繋いでいる。

先日、「上海都市空間芸術シーズン」の開幕式では、長寧区の常任委員・副区長の岑福康氏も、「上海長寧区15分コミュニティ生活圏の行動計画」(以下では、「行動計画」という)について基調講演を行った。「第14次5カ年計画」の終わりまでに、長寧の人々が家の外に出て15分でどんな便利な生活を楽しめるのか。一緒に探ってみよう。

「行動計画」では、地域の評価を経て、「住宅、サービス、交通、レジャー、雇用」の5つの主要システムと、「住みやすさ、就職しやすさ、学びやすさ、遊びやすさ、暮らしやすさ」の5つの主要目標を組み合わせ、「長寧区15分素晴らしい生活圏の総合的な青写真」(以下では、「青写真」という)を作成していた。この青写真には、国民の利便性と利益のためのプロジェクト800以上が含まれている。

「行動計画」によると、「第14次5カ年計画」の終わりまでに、15分コミュニティ生活圏の行動計画の実施により、各種施設の徒歩15分以内のカバー率が100%になり、高級団地における基本的なカバー率が達成され、400平方メートル以上の緑地や広場などの公共オープンスペースの徒歩5分以内のカバー率が98%以上、雇用スペースの質が大幅に向上されるという。

具体的にいうと、住宅関係のプロジェクトでは、長寧区が「第12次5カ年計画」で古い地区のリフォームを完了させ、「第14次5カ年計画」で引き続き高級団地のプロジェクトに注力し、生活の質を全面的に向上させていく。

 

サービス関係のプロジェクトでは、長寧区全体のサービス品質を向上させるために、「10+28+X」長寧サービスシステムを構築し、区内に10のコミュニティセンターと28のロハスセンターを設置した。基本的なサービス施設のカバー率は100%、品質向上されたサービス施設のカバー率は95%となっている。地域の大型文化施設やコミュニティ文化施設と連携した小規模な舞台芸術センター(スペース)を、各街に1つ以上、計12カ所を設置した。同時に、子供に優しいコミュニティ建設のために、12か所の子供公園と子供に優しい通りが新たに建設された。高齢者に優しいコミュニティのために、老人ホーム、老人介護施設、デイケアセンター、高齢者食事支援などの高齢者施設が建設され、高級団地に合わせた高齢者向けのリフォームが全面的にカバーされている。新たな育児施設の追加、基礎教育施設の促進、コミュニティ・サービス施設に合わせた10のコミュニティ・スクールの補完とアップグレード、地域全体での生涯教育の向上などが行われている。

 

交通関係のプロジェクトでは、市営道路の貫通を促進し、継続的で一貫性のある道路ネットワークシステムを構築すること、街全体の環境を改善すること、動きの遅いシステムの毛細血管の閉塞を解除し、近隣地域内の裏路地の管理とアップグレードを強化することなどが挙げられている。

レジャー関係のプロジェクトでは、公共のオープンスペースが5分で誰もがアクセスできるようになり、健康的でエコロジカルで活気に満ちたスロー交通のネットワークが形成されている。

雇用関係のプロジェクトでは、古い商業ビルのリニューアルを全面的に推進し、雇用環境の質を向上させる。また、ホワイトカラー向けのサービス施設を活用し、求職者向けのサービス支援を充実させ、雇用サービスと環境の向上を図っている。

現在、長寧区内の10の街と町はすべて、15分のコミュニティ生活圏の行動計画の策定を完了し、それぞれの街の特徴的なテーマが形成されている。新華路の「人文新華、花園コミュニティ」、江蘇路の「和美家園、コミュニティ範例」、華陽路の「春満華陽、多元魅力」、周家橋の「智絵蘇河、悦融周橋」、天山路の「ファッショナブルな商圏、ダイナミックな天山」、仙霞新村の「住みよい仙霞、幸せな老後、質の高い生活」、虹橋の「社会主義現代化国際大都市の国際的な力を持つモデルコミュニティ」、程家橋の「ワンストップの程橋、開放的ハブ」、北新泾の「忍耐性のあるコミュニティ、スマートなホーム」、新泾鎮の「水と緑の融合、エコロジー新泾」などの特別なテーマがある。

15分というのは、もともとは時間の尺度であったが、長寧では人々の幸福感を測るビビッドな尺度となった。この計画の策定において、広範な住民参加が行われ、住民の実際のニーズに対する関心が高まったという。「行動計画」では、生活の基本的なニーズを満たすだけでなく、コミュニティのさまざまな潜在的リソースを深掘りすることにも重点を置き、科学的な計画の概念や芸術的なデザインをコミュニティに取り入れ、「すべての人が共有できる」より包括的なコミュニティの公共空間を作り上げる。

 

数日前、商務部をはじめとする11の部門が、全国の都市で「15分の便利な生活圏」の第一陣となる30の都市を試験的に実施する文書を発表し、長寧区もそのリストに入っていた。今年は「第14次5カ年計画」の開幕年であり、長寧の人々の「15分素晴らしい生活圈」にはマスタープランがあり、積極的に実施されている。今後の5年間で、この15分の圏内に、長寧の人々は、買い物、食事、医療などの日常的なニーズを解決できるだけでなく、より高い生活の質を手に入れることができると確信している。

 






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统