長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
ビッグニュース!複数企業が集中契約!長寧にあるもう一つのランドマーク的商業複合体が間も無く開業!

发布日期:2021-03-17访问次数: 字号:[ ]


3月11日「私から・世界と繋ぐ」IM Shanghai長寧国際投資促進会及び新華・中央活動区投資促進会が行われ、複数企業の新華・中央活動区の出店契約が確定された。長寧区の数少ない高品質空間資源——新華・中央活動区は、大きな発展機会を迎えている。

長寧区副区長孟慶源氏は会議で、長寧区は「上海大虹橋」戦略計画に含まれた唯一の中心区域として、上海西部空間を統合する歴史的の重要な役割を担うと同時に、新華・中央活動区は長寧区における最も潜在力を持つエリアとして、長寧区の社会的経済発展を推進する決意と勇気を持つべきだと語った。

長寧区政府は投資促進会の会場で、仁樹投資管理、恩宜(上海)工程、暁図ネットワーク科学技術を含む複数企業と新華・中央活動区の出店契約式を行った。協力側は経済、文化、コミュニティ、産業などの多方面で連結を取り、区域市場の空白を埋め、都市経済の発展加速に新たな原動力となる。

開業を迎えたIM Shanghai長寧国際は、新華・中央活動区内の新興商業体として、会社員や市民にオフィスと街生活における新しい体験をもたらすでしょう。

Anarグループが上海市で建設した商業複合体の重点プロジェクトとして、今回のIM Shanghai長寧国際投資促進会では、オフィスと投資賃貸分野の重点計画に焦点を当て、仲介業者や潜在顧客層にを紹介を実施した。

高級都市複合体の運営専門家として、Anarグループは京津翼、長三角、大湾区、成渝などの4大都市圏の30以上の都市で業務を展開し、北京Anarセンターを含む約100件以上のベンチマークプロジェクトの総合体をを構築し、8年連続で中国不動産開発企業百社にランクインし、ブランド価値は全国不動産トップ40に値する。

オフィスやビジネス分野では、IM Shanghai長寧国際は全ての出店企業に優越なオフィススペースだけでなく、新発想、新突破及び新体験を提供することに伴い、相互により深いつながりを図っている。内環に位置する数少ないA級オフィスビルとして、IM Shanghai長寧国際はオフィス文化と商業の障壁を取り除く理念の元で、コミュニケーション、レジャー、ヘルシー、スポーツ、アートのライフスタイルを効率的、省エネ、意思疎通、討論機能を重視するオフィススペースに融合させ、オフィスとライフの真の一体化を果たした。

コアオフィスエリアの商業附設として、IM Shanghai長寧国際内部は、凱田路「桜花通り」商業歩行者街、「16時間営業をする」LG階の夜間経済商店街、「凱田里IP市集」をテーマにした様々な商業スペースは、商業+生態+文化+体験を完全に融合させ、独特の「若い」且つ「贅沢」的な商業複合体を構築した。

昨年末から、IM Shanghai長寧国際へ出店する企業が相次いていた。2020年11月30日、恩宜工程とIM Shanghai長寧国際は3号棟の体験センターで引渡し式を行い、IM Shanghai長寧国際に正式出店する最初の企業顧客となった。今年に入ってから、沃熙貿易(上海)有限公司、蘭維楽(上海)食品有限公司などの出店が続々と確定した。

従来型商業の閉鎖的なデザインとは異なり、IM Shanghai長寧国際は開放的な一棟建て商業エリアを採用し、初店舗やインスタ映えスポット、老舗ブランドを多数網羅した。既に出店を確定したいくつかの企業のほか、niko and...、蘭心レストラン、一緒に和牛すき焼き、有喜屋深夜食堂、平成屋、大成海鮮バーベキュー、楽楽茶、LOKALなどのブランドも提携の意向を表している。






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统