長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
3·155国際消費者権利デーシリーズの活動は長寧来福士広場において開催

发布日期:2021-03-19访问次数: 字号:[ ]


315日午前、長寧区「安全を守り、順調に消費する」3·15国際消費者権利デーシリーズ活動は長寧来福士広場に開催された。現場では権利保護サービスを除き、多くのホットな注目点もあった。

今日の午前、大型宣伝コンサルティングサービスシリーズ活動には、区消費者保護委員会は多くの職能部門や社会企業代表者及び食品薬品科学普及ステーションのスタッフなどと手を携えて現場で市民を接待した。

 

オンライン消費はやはりホットな話題

「この前、旅行会社のプリペイドカードを買った、今は行動が不自由になり、観光に行くのが不便であり、返金できるか?」午前十時三十分、市民張氏は活動現場に消費者保護委員会スタッフに聞いた。交流した後、元々何が何だか分からない張氏は大体分かるようになった。消費者保護委員会スタッフも張氏の連絡先を記録し、何かあったら連絡するように表した。

今日、問い合わせに来た消費者は高ぶっている。区消費者保護委員会の統計によると、現場で合計で消費者クレーム或いは問い合わせが延べ200回余りであった、各種類の宣伝資料を1000枚を配った、オンライン消費はやはりクレームのホットポイントであるが、観光なども市民が比較的に関心を寄せる問題である。

 

食品薬品科学普及ステーションは正式にスタート

活動には、上海市食品薬品科学普及ステーションは正式な始業式を開催した;一方、全区の十つの市街・鎮の科学普及ステーションも同期にスタートし、長寧区各市街・鎮の食品薬品安全委員会も消費者を組織して各市街・鎮科学普及ステーションを見学した。

 

専門弁護士を招いて消費権利保護に助力

現在、消費に関する紛争が多様化、複雑化、専門化した特徴に対して、多方面の権利保護資源を利用し、調停専門化を促すために、区消費者保護委員会は上海信弁護士事務所と活動の時成約した、区消費者委員会は当該弁護士事務所を招聘して区消費者保護委員会の公益法律顧問とする。

 

「プラスチック制限令」にフォーカスし、長寧は行動中

今年、「プラスチック制限令」の実施につれて、長寧区消費者保護委員会はウィーチャットアカウントを通して更に多くの消費者にプラスチック制限知識、消費常識を了解させた。区消費者保護委員会は活動現場で「改めて野菜かごを拾い、自分が先にプラスチックを制限する」宣伝ポスターを張った、消費者はコードをスキャンすることで区消費者保護委員会のウィーチャットアカウントにフォローし、区消費者保護委員会が特に制作した綺麗な環境保護野菜かごを獲得でき、野菜を買う日常のプラスチックを代替する。

了解によると、当日のコンサルティング活動を除き、区消費者保護委員会も3·15期間中、権利保護ボランティアを組織して秘密裏に実体を探り、管轄区のショッピングセンター、スーパー、飲食店、薬局、書店のプラスチック制限令実行状況について調査し、検査が終わった後、関連問題を取り纏め、関連職能部門に報告する。






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统