長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
最新!上海は在留外国人の新型コロナウィルスワクチン接種予約をスタート

发布日期:2021-03-31访问次数: 字号:[ ]


国務院連合予防連合制御メカニズムによると、本市は上海在留外国人新型コロナウィルスワクチン接種の予約をスタートした。


 2021年3月29日から、本市は「状況を了解し、自発に接種し、費用を自ら負担し、リスクを自ら受ける」原則によって、上海在留外国人の適齢者を国産ワクチン(発売段階)接種群体範囲に組み入れた。


 自発に接種する上海在留外国人は「健康クラウド」APPを通してオンラインでワクチン接種を予約できる。本市は現在国産新型コロナウィルス不活化ワクチンを使用している、フルプロセスには二回接種する必要がある。既にわが市社会保障医療保険に加入した外国人はその他保険加入中国住民と同じ待遇を享受する。保険未加入外国人は、自分で費用を負担してワクチンを接種し、費用は100元/本である。


予約方法は:3月29日から、二次元コード(後に添付)をスキャンして「健康クラウド」プラットフォームの上海在留外国人新型コロナウィルスワクチン接種サービスページにアクセスし、情報を記入し、成功的に予約してからメッセージによる確認通知で指定時間、場所において、中華人民共和国の永久居留身分証明書或いはパスポート及び有効な在留証明書を持って接種に行く。指定接種ポイントで接種する前に、プロセスによって状況了解同意書、免責承諾書などに署名し、個人防護を良く実施し、且つ自発に健康状況を告知し、専門者が接種条件に適合するかどうかを判断する。接種後の14日間以内に緊密に自分の体の具合に注意してください。ひどい不良反応が生じる場合、直ぐ病院に行ってください。


二次元コード

注意事項:3月29日からコードをスキャンして予約できる

予約の後、メッセージによる確認通知を通して指定される機構で接種する必要がある。






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统