長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
長寧は6000世帯の家庭高齢者のために「警報神器」を取り付けた!

发布日期:2021-04-07访问次数: 字号:[ ]


先日、上海市慈善基金会長寧区代表処は長寧区の「慈善高齢者援助転倒警報安全プロジェクト」推進会を開催した、 3年以内に長寧区の6000世帯の家庭高齢者のために、高齢者援助転倒警報設備を設置する予定。

調査によると、このプロジェクトはすでに率先して長寧区の華陽路町、天山路町でテストを行っており、現在は100世帯余りの高齢者の家に「孝智通」の設備を設置した。この設備は百芝龍により開発された無線知能感知技術であり、非視覚監視の条件下で人体の行動を精確に感知することができる。 家の中に「孝智通」の設備を設置することにより、着用する必要もなく、定期的な充電も必要なく、高齢者が使うのは簡単で、全く支障がなく、本当に高齢者に家で「普段は面倒ではないので、状況が出るとき、助けてあげる」という幸せな晩年を享受させる。

「孝智通」製品は試験的に使用する過程で、良好なユーザーの口コミを得た。武夷路の90歳以上のおばあさんの息子によると、お母さんは数年前に家で突然脳溢血を起こした、幸いなことに、誰かが遊びに来た、医者に連絡した、さもなくば結果は想像に耐えない。 孝智通」を装着した後、楊浦区に住んでいる彼は毎日走り回らなくてもいい。携帯で母の毎日の活動状況が見られ、事故があったら、すぐに知らせてもらい、これは彼に多くの心配をかけさせた。

上海市慈善基金会長寧区代表処の張国蕊副会長によると、長寧区は現在高齢者の比重が高く、一人暮らし、高齢者が多く、 前期の市場調査によると、一人暮らしや高齢者がトイレで意外なことをする確率は65%を占めている。

 

高齢者の家での事故を予防するため、長寧区の「慈善高齢者援助転倒警報安全プロジェクト」は今年から3年間の計画を出した。3年間で長寧区の6000世帯の高齢者の家のトイレにプライバシーに関わらない精確な監視とタイムリー警報緊急救援トリガ設備を設置し、家庭高齢者の安全リスクを効果的に低減する。今年の共産党創立100周年を祝う赤色のテーマに合わせ、この計画は地域内の50年の党歴の古い党員、古い労働模範、三八紅旗手などの高齢者家庭に優先的にこのプロジェクトの設備を設置する。


「慈善敬老安全援助サービスプロジェクト」は「慈善団体のリード、町の執行、企業の実施、民政監督」の各方面が力を合わせた高齢者援助プロジェクトで、未来の実践過程で、四つの側の力を合わせるモードを通じて、長寧の高齢者の生活安全に確実な保障を提供する。






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统