長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
大虹橋営商サービスセンターは初めての外国企業代表団を迎えた
04-09

先日、長寧区外弁はEU商会上海分会と連携した、「EU企業が長寧に入る」活動を展開した、 中国欧州連合商会のメンバー20社余りの企業代表が現地で新しく落成した大虹橋営商サービスセンターと長寧区代表企業を視察した。

長寧区の副区長翁華建、区外弁、区商務委員会、区虹橋弁、区低炭素センターなどの部門の関連責任者が活動に出席した。

代表団はまず、虹橋開発区の中心部にある大虹橋営商サービスセンターを見学した。 大虹橋営商サービスセンターは経営者の基礎サービス、部門を超えた統合サービス、企業の戦略的発展サービスを一つに集まる「重要な窓口」である。長江デルタ一体化、虹橋国際開放の中枢建設を推進する過程では、長寧区はデジタル化、インテリジェント化、一体化、便利化した大虹橋営商サービスセンターを構築した。このセンターは大虹橋地区全体、ひいては長江デルタ地区の企業と人材のために多面的で総合的な優良品質のコンビニサービスを提供でき、六つの機能エリアを共有し、九つのサービスを提供し、企業が「国際に向ける虹橋」の熱土の上で新しいチャンスをつかみ、新しい活力を爆発させ、新たな飛躍の実現を協力する。

その後、代表団は長寧区エネルギー業界の代表企業である遠景エネルギーを見学した。遠景エネルギーは全世界の先進的なゼロ炭素技術会社で、スマートフォンを切り込み、創造的な技術と設計を通じ、エネルギー科学技術を人類の生活をより良いものにする。長寧区の優良な商業環境と企業に対する援助政策は、遠景エネルギーの安心発展を協力し、絶えず全上海ひいては全世界の環境保護エネルギープロジェクトに貢献している。。


座談会では、遠景エネルギー副総裁の周健工が企業の「炭素ピーク達成、炭素中和」、スマートシティなどのプロジェクトを紹介した、将来、より多くのEU企業と協力し、長寧、上海、さらには中国の環境保護事業に貢献し、より多くのパートナーに炭素ゼロの目標を実現するように協力したいと思う。


長寧区外弁主任の陳豊さんによると、長寧は「十四五」の計画をめぐり、世界の影響力を持つ国際高級都市を建設し、虹橋国際開放の中枢建設と関連し、中欧企業の各方面での協力とウィンウィンと持続可能な発展を強化し、長寧の未来はより美しく、発展潜在力はより巨大で、市場空間はより広い。長寧は開放的で包容的な姿でより多くの企業が長寧での発展を歓迎する。

 

中国欧州連合商会上海分会のジョンアンナ総経理は、「長寧区外弁の心のこもった企画と組織に感謝し、EU企業が自ら長寧に足を踏み入れ、長寧を体験し、長寧を理解する機会を与えた」と述べた。見学と座談を通し、長寧の重要な発展プラットフォームと優良経営者環境に深い印象を残した、長寧のビジネス政策と環境はEU企業に強い魅力を持っている。積極的に商会の独特な優位を発揮し、長寧と更に協力し、商会のメンバー企業と長寧の深さの協力を推進し、長寧の発展により大きな力を貢献することを望んでいる。企業家たちも次々と協力の意志を表明し、さらに長寧を理解することを期待し、共に発展のために力を添える。

副区長の翁華建氏は活動の中で、「長寧はずっとEUと深い関係があり、多くのEU企業の本社は長寧に駐在て発展が良好で、長寧は上海の国際化レベルが一番高い都市区の一つとして、積極的にEU企業とより多くの協力プロジェクトを求め、企業と都市区の双方向の持続可能な発展を推進している」と述べた。もっと多いEU企業を歓迎し、長寧を基地にし、ここに来て、協力、投資を入れるよう歓迎している。 


Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统