長寧ニューズ
 
 
トップへ戻り
>長寧ニユ一ス>長寧ニューズ
「デジタル?ボーナス」の普遍的な共有を促進し、?
長寧市でライフ?デジタル?トランスフォーメーションのデモンストレーション?シーンを50か所構築する

发布日期:2021-09-17访问次数: 字号:[ ]


「デジタル・ボーナス」の普遍的な共有を促進するために、20年以上の「デジタル長寧」の経験を持つ長寧区では、9月14日に都市のデジタルトランスフォーメーションを促進するための会議が開催され、「長寧区の都市のデジタルトランスフォーメーションの包括的推進のための行動計画(2021-2023)」を発表した。今後の3年間に、長寧区は「3地域、3ベルト、20のデジタル特別プロジェクト」というデジタル戦略「3320」の実施に注力すると同時に、長寧区のデジタルトランスフォーメーションのモデル、キャリアおよびシーンのリストを発表し、3年間で区内の都市のデジタルトランスフォーメーションを推進してあらゆる面で市における最先端のものにし、地域の経済的・社会的発展をサポートするよう努めている。
3地域」とは、デジタル経済変革のモデル地域、デジタルライフの実証・先導地域、デジタルガバナンスの最適体験地域である。「3ベルト」とは、東部デジタル技術革新のクラスターベルト、中部デジタル応用シーンのクラスターベルト、西部デジタル企業本部のクラスターベルトである。「20のデジタル特別プロジェクト」では、経済のデジタル化、生活のデジタル化とガバナンスのデジタル変革に焦点を当てている。
「計画」によると、長寧区は今後3年間で、デジタル経済の領域において「十百千万億」の発展目標を掲げ、国家デジタルサービスの輸出基地とグローバル的デジタル貿易港の重要な積み込みエリアを構築し、虹橋スマートバレーのデジタルイノベーションのダブルブランド効果を高め、「テクノロジー+キャリア+プラットフォーム+キャピタル+シーン」といった長寧区ならではのデジタルトランスフォーメーションエコロジーを構築するとしている。また、デジタルライフサービスの認知度を高めるために、情報化のモデルスクール、インターネット病院、デジタルホームなど、50のライフ・デジタルト・ランスフォーメーションのデモンストレーションシーンを構築している。デジタルガバナンスの体験を高めるために、「一つのことを効率よく成し遂げる」ことを巡り、都市の管理プラットフォーム3.0を構築し、都市の運営・監督における「一つのネットワークで統括的管理」へのアクセス率は98%以上に達し、中規模以上のフードサービスユニットにおける「共通に認識できるワンコード」の利用率、政府部門や社会各ユニットにおけるセンシング端末のアクセス率は90%に達することを実現し、全地域でのデジタルセンシング設備の展開を加速させている。
上海で唯一の虹橋国際開放中枢の中心市街区である長寧区は、キャリアトランスフォーメーションにおいて、鉄道2号線に沿って地域の東、中と西をカバーする「3ベルト」の空間構成を形成してい。東部のデジタル技術革新クラスターには、上生·新所、新智谷、聯通デジタル産業ビルなど13のキャリアがあり、中部のデジタルアプリケーションシーンクラスターには、繽人工知能ビル、·智造界、慧谷白猫科技園など12のキャリアがあり、西部のデジタル企業本部クラスターには、Ctripスマートトラベル産業園、蘇河匯グローバルシェアリングエコノミーデジタルトレードセンターなど10のキャリアがあ
長寧区では、「20のデジタル特別プロジェクト」を巡り100のシーンをまとめ、応用シーンの実施を奨励し、ソリューションを広く募集してい。同日、「リストの公開」という仕組みにより、2021年の重要な応用シーンのトップ10が発表された。経済のデジタル化においては、虹橋デジタル商圏、新基地、虹橋空港デジタルエコノミー産業などの応用シーンを含んでいる。生活のデジタル化においては、教育デジタル基地、ヘルスケアビッグデータの応用オープンプラットフォームを含んでおり、高齢者のためのワンクリックサービス、デジタルホーム、デジタルホテルなどの応用シーンを含んでいる。ガバナンスのデジタル化においては、デジタルショップキーパー、都市管理プラットフォーム3.0などの応用シーンを含んでいる。






打印本页 关闭窗口
Produced By 大汉网络 大汉版通发布系统